お電話でのお問い合わせ

0248-72-2421

いつでも見学会開催中

良い家とは

「良い家」とはいったい何でしょうか?

デザインの良い家、予算内に抑えられる家、最新の設備のある家と、いろいろあると思います。

私たちが考える良い家とは

1.丈夫で長持ちする家

2.健康に暮らせる家

この2つを満たした家が「良い家」だと考えています。

 

当たり前のようですが、35年のローンを組んでいるのにローンが終わる頃建て直さないといけないという現実、これは悲劇以外の何物でもありません。

日本のように高温多湿の気候では、結露が発生しやすく、きちんと断熱をしていないと基礎となる木材が腐ってしまいます。

台風や地震の多い日本では、これらに耐えられる家が必須なのです。

2の健康に暮らせる家とは、バブル期の建設ラッシュで建てられた家の「欠陥住宅」や「シックハウス症候群」がマスコミを賑わせました。

「住んでいるだけ」で健康が害され、アトピーや喘息などのアレルギー症状が出ています。「安さ」や「効率化」を求めた呼吸しないビニールクロスや新建材が、思わぬ影響を与えることになりました。

近年、自然素材の家が見値されていますが、現実はほとんどがビニールクロスが使われており、自然素材の家はごく一部です。

私達はどのような家が『良い家』と呼ぶのかいうと、『自然素材の家』が一番良い家になると思っています。

 

お客様のことを考えた家づくりとは

長持ちする3世代100年住める家であること

ポイント桧・漆喰・瓦・パッシブ換気

 

メンテナンス費用ができるだけかからない家にすること

ポイント桧・漆喰・瓦・パッシブ換気

 

飽きの来ない、先を見据えた間取りにすること

ポイント納得するまでプランを書くこと

 

健康で快適に暮らせること

ポイント…W断熱・セルロースファイバー・トリプル樹脂サッシ等の性能が良い家であること

 

当社では全棟気密性能の検査を実施しております。

 C値は0.30.1㎠/㎡が平均です。

 UA値は0.290.27です。間取りによって違ってきます。

 

アドバンスホームの施工仕様について

構造

木造軸組工法

基礎

ベタ基礎 (基礎断熱)

構造土台

4寸ヒノキ

床構造

剛床工法

構造材

桧材

通し柱桧材

米松など

構造材に集成材は使用しておりません

屋根材

外壁材

スペイン漆喰塗り壁

外壁工法

ラスモルノンクラック工法(富士川建材工業(株))

開口部

断熱玄関ドア・断熱樹脂サッシ窓・トリプルガラス

断熱材

工法セルロースファイバー吹き込み

バルコニー

ケイカル板下地FRP防水

ポーチ

タイル貼り

内部建具

無垢材・ウッドワン(ピノアース)

内部造作

作り付け収納扉桧・棚板集成

カウンター無垢集成材

無垢材

漆喰・無垢材・紙クロス

天井紙クロス

内部設備機器

浴室・トイレ・洗面化粧台リクシル

キッチンクリナップ

上記にあります基礎・構造土台・構造材につきましては集成材は使用せず、無垢材のみの共通仕様となります。

坪単価は家の形状や間取りにより違いがありますが、坪数が少ないほど割高になる傾向があります。

また、平屋建ては二階建て・三階建てに比べて坪単価がかかります。

見学会のお申し込み・ご相談お待ちしております

アドバンスホーム株式会社

0248-72-2421